ラブリッジ ストーン

大好きなストーンに囲まれて

★ラリマー・ブルーアパタイト

3大ヒーリングストーンのラリマーを、3粒配置した素敵なブレスレットが出来上がりました。

ブルーアパタイトと仲良く組みあがってニタニタしております。


ラア1



ストーン詳細
○アイアゲート 10.5㎜
○ブルーファントムクォーツ 9㎜
○ラリマー 8.5㎜
○ブルーアパタイト(クリアタイプ) 8㎜
○ペリドット ボタン


ラア2


ラリマー 8.5㎜は、僅かに黒いインクルがございますが、
特有の水色の濃淡もあり、まずまず綺麗なタイプです


ラア3

ブルーファントムクォーツ 9㎜は、ブラックの内放物多めで上質です。

ブルーアパタイト(クリアタイプ) 8㎜は、透明度のあるタイプ。
アパタイト特有のブルーカラーが綺麗です。


ラア4


庭に咲いた薔薇の花と、一緒に撮りました。

ラア5

○ラリマー
ラリマーは、チャロアイト、スギライトと並んで
世界三大ヒーリングストーンに数えられるパワーストーン。
ヒーリングストーンとして強力な力を持っているとされています。
愛と平和を象徴し、安らぎと慈愛を持つ人の心に育ててくれます。
心の奥底にあるトラウマやわだかまりなど心を縛る呪縛から解き放ち、
自由でたおやかな精神状態をもたらし、心の傷を優しく癒してくれるでしょう。
ラリマーに惹かれる人は、何かしらの「変化」の時を迎えてようとしているといわれています。
当たり前のようにその変化を受け止め、前向きに心を開いて
変化を向き合えるようサポートしてくれます。
身につけると荒々しさが和らぎ、優しさや細やかな感情が生まれてくるといいます。
官能性を引き出すともいわれていますので、恋愛運アップのために身につけるのもオススメです。
ラリマーは1976年に発見された比較的新しいパワーストーンです。
カリブ海に浮かぶ小さな島、ドミニカ共和国で産出され、
空と海の色を思わせるような美しくやさしいブルーの色が特徴です。
ラリマーはペクトライトという鉱物の変種で正式名称をブルーペクトライトといい、
青色系のものだけがLarimarと呼ばれます。
ペクトライトには、青色の他にも白色や灰色、桃色や黄色などのカラーバリエーションがあります。
ペクトライトの青いものはドミニカ共和国のみでしか発見されておらず、
また採掘も現地の人の手で行われているため量産はできません。
よって、貴重で値段も高くなりがちな石です。

○アパタイト
「燐灰石」とも呼ばれ、それぞれの固体に含まれる微量のマンガンやその他の不純物によって
、黄色、ピンク、緑色、青色 、 褐色などが存在しています。
希望と自信を与え、精神的な不安定感を緩和し、物事の捉え方や思考の方向性が
安定するように調整してくれます。また 恋愛運をアップ
古代から信頼と調和の象徴とされてきたアパタイトのキーワードは、”繋げる・強化する”です。
人間関係に力を発揮します。
家族の絆、恋人の絆、組織やチームの絆など、集団の中心となる人物が身につけるとより効果的になります。

○ブルーファントム
精神状態を改善し、心や体をリフレッシュする。
非常に強力でスピリチュアルな石で、アメリカの
有名なクリスタルヒーラーのメロディー女史がこの水晶を絶賛しているそうです 。

○ペリドット
火山や宇宙など人間の力の及ばないところに出自のあるミステリアスなパワーストーンです。
その由来にふさわしい強力なパワーを備えています。
ペリドットの波動の方向性は、とにかく力強く明るいものです。
気分が沈みがちな時や悩みを抱えた時は、ペリドットの明るい緑色を見つめてみましょう。
それだけで心が明るくなりスッキリするのを感じるはずです。
ペリドットには闇夜を照らす明るさがあり、それは人の心のマイナス感情を吹き飛ばして
心を開放し、明るい希望の光で満たしてくれます。

○アイアゲート 
魔除け石


ラア6





「ラブリッジ ストーン ショップ」 ←こちらです


ブログランキングに参加致しております。
御手数を御掛けいたしますが

ポチッと ↓  応援して頂けたら幸いです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村




天然石アクセサリー ブログランキングへ




お問い合わせ、御意見等メールフォームorコメント覧より御連絡下さいませ。



御覧頂きありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ:宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル:ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honami2010.blog86.fc2.com/tb.php/1129-9cbb25af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ